ロンドン五輪に出場する卓球日本代表男子をサポートしようと、スポーツ関連機器を製造販売する足利市問屋町の「スナガ開発」(須永幸彦社長)は世界トップクラスのレシーブの返球と同様に変則回転の球を繰り出す練習マシンを作り上げた。中国勢のレシーブに苦しむ日本選手から高評価を受けている。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)