競泳は5種目の予選を行い、男子200m背泳ぎは、100mで銅メダルの入江陵介が全体で4位の1分56秒81で、渡辺一樹は13位で準決勝に進出した。同200m個人メドレーは、400mで3位だった萩野公介が3位の1分58秒22で、高桑健は9位で通過した。  女子200m平泳ぎでも、3位だった100mに続くメダルを目指す鈴木聡美が3位の2分23秒22で、渡部香生子は12位で準決勝進出。女子100m自由形の上田春佳は12位の54秒35で準決勝へ、同800mリレーの日本(上田、伊藤、松本、高野)は8位の7分54秒56で決勝に進出した。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)