【ロンドン共同】競泳男子のマイケル・フェルプス(27)=米国=が31日、800メートルリレーの一員として優勝、200メートルバタフライで2位となって通算メダル数を19個に伸ばし、体操女子のラリサ・ラチニナ(ソ連=当時)の18個を抜いて史上最多に躍り出た。  前回北京五輪で8冠のフェルプスは2004年アテネ五輪の6冠と合わせ、すでに最多だった金メダルも通算15個とした。今大会は400メートルリレーで手にした銀メダルを含め3個目のメダルとなった。  ラチニナは1956年メルボルン五輪から3大会連続で出場し、金9個、銀5個、銅4個を獲得した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)