競泳男子200メートルバタフライは松田丈志が1分53秒21で、北京五輪に続く2大会連続の銅メダルを獲得した。競泳の日本のメダル数は北京五輪に並ぶ5個に達した。レクロー(南アフリカ)が1分52秒96で勝ち、3連覇を狙ったフェルプス(米国)は1分53秒01で2位だった。  男子200メートル平泳ぎ準決勝は北島康介が全体で5位の2分9秒03、立石諒は7位の2分9秒13で決勝進出。女子200メートルバタフライ準決勝の星奈津美は3位の2分6秒37で決勝に進んだ。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)