【ロンドン共同】競泳米国男子代表の両エース、マイケル・フェルプスとライアン・ロクテが26日、五輪公園で相次いで記者会見し、前回北京五輪で1大会史上最多の8個の金メダルを獲得したフェルプスは「興奮している。選手村に着いてすぐに競技したいと思った」とリラックスした表情で意気込みを述べた。  3連覇を狙う28日の400メートル個人メドレーは、昨年の世界選手権を制したロクテとの注目対決で「興奮してもらえるレースになる」と約束した。  世界選手権5冠のロクテはフェルプスとのレースに向け「彼に勝つためだけに水泳をしているわけじゃない。楽しみたい」と自然体を強調した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)