【ロンドン共同】ロンドン五輪の競泳男子平泳ぎで3大会連続2冠を狙うエースの北島康介が23日、会場の水泳センターのメーンプールで約1時間練習した。初めて泳ぎを本格的にチェックした日本代表の平井伯昌ヘッドコーチは「(泳ぎが)かちっとはまってきた。だいぶいい」と仕上がり具合に手応えを口にした。  米国代表のスター選手の初練習で一気に活気づいたプールに、北島は午後5時すぎに登場。北京五輪まで指導を受けた平井コーチがストップウオッチ片手に見守る中で、平泳ぎで50メートルを6本泳いでタイムをチェックした。練習後に明るい顔で談笑する姿に、充実ぶりがうかがえた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)