【ロンドン共同】競泳日本代表が21日、ロンドン五輪会場の水泳センターで初練習し、男子平泳ぎで3大会連続2冠に挑む北島康介(日本コカ・コーラ)は約1時間ゆったりと水の感触を確かめ「五輪を楽しむための準備はしてきたつもり。4度目の五輪だけに、気持ちは落ち着いている」とリラックスした表情で話した。  水泳センターは1万7500人収容のコンパクトな室内プール。男子200メートルバタフライで金メダルを狙う松田丈志(コスモス薬品)は練習前にプール周りを歩いてイメージを膨らませたそうで「観客の表情まで見えると思う。(感動で)泣かせたい」と意気込んだ。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)