【テネリフェ島(スペイン領カナリア諸島)共同】競泳のロンドン五輪代表が15日、スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島で直前合宿を公開し、男子背泳ぎでメダル獲得を狙う入江陵介(イトマン東進)は「詰め込んで練習してきた。自分がどう変化していくのかが楽しみ」と開幕まで2週間を切った五輪へ順調な仕上がりを強調した。  合宿には日本で調整中の男子平泳ぎのエース北島康介(日本コカ・コーラ)を除く26人が参加。大西洋を望む小高い丘にある屋外プールで、強い日差しが照りつける中、約2時間、それぞれのペースで泳いだ。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)