【オマハ(米ネブラスカ州)共同】競泳男子で北京五輪8冠のマイケル・フェルプスがロンドン五輪米国代表選考会で代表に決まった個人5種目のうち、200メートル自由形の出場を見送ることが分かった。指導するボブ・バウマン・コーチが2日、明らかにした。出場はリレーを含め最多で7種目となり、8冠の再現の可能性がなくなった。  フェルプスは米国代表選考会の200メートル自由形を制したが、同コーチは「選考会の出来を見て、全てで金メダルを取るのは難しいと判断した。(8冠は)一度で十分」と話した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)