小松市の中海校下連合町内会と東陵校下連合町内会は三十日、ロンドン五輪飛び込み日本代表の中川真依選手(25)=金沢学院大大学院=の激励会を母校の中海中学校で開いた。(浅井貴司)  中川選手は、地域の人たち三百人が大きな拍手で出迎える中、同校吹奏楽部の演奏に合わせて入場。後輩から花束を受け取り「たくさんの方に支えられていることが大きな力になっている。応援よろしくお願いします」と集まった人たちに感謝の気持ちを伝えた。  主催者を代表し中海校下連合町内会の大田健一郎会長があいさつ。中川選手と幼なじみの川下ゆかりさん(25)が「代表のプレッシャーは大きいと思うが、納得のいく演技をして笑顔を見せて」と激励した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)