【ロンドン共同】日本のメダル第1号が期待される射撃男子の松田知幸が26日、本番会場で練習を公開し、開会式翌日の28日のエアピストルに向けて「せっかくのチャンスなので思い切り(メダル1号を)狙っていきたい。準備はOKです」と笑顔で意気込みを語った。  会場は4月のW杯でも得意の50メートルピストルで今季初優勝した相性のいい舞台。50発の調整練習で好感触を得た松田は「華やかな雰囲気でやはり撃ちやすい。自分のベストを出せば世界に通用する自信はある」と述べ、世界ランキング16位のエアピストル、同2位の50メートルピストルの2種目でのメダル獲得に強い意欲を見せた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)