▽武田大作の話 最悪の結果で自分に腹が立っている。五輪まで準備不足だった。(準備などを)4年スパンで本気で考えないと日本は世界で勝てない。  ▽浦和重の話 2人での調整は限界があったが、短時間でよくできた方だと思う。今後については全く考えていない。  ▽岩本亜希子の話 できることを全てやった。後悔はない。4年後について今の時点では考えられない。  ▽榊原春奈の話 力及ばず悔しいが、全力は出した。世界のトップとこれだけ差があることが分かったのが一番の収穫。  ▽福本温子の話 結果は悔しいが、岩本さんと濃い時間を過ごし、2人のいいレースができた。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)