ロンドン五輪ボート男子軽量級ダブルスカル準決勝に出場した武田大作選手を応援しようと2日、所属するダイキ本社(同市美沢1丁目)のロビーで、社員ら120人が大型モニター観戦。結果は残念ながら最下位の6着だったが、最後まで熱い応援を送り続けた。 武田選手は6艇による予選1組に出場。午後6時50分ごろレースが始まると、一斉に旗やうちわをたたいて応援した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)