【カイロ共同】ロンドン五輪の陸上女子3000メートル障害で6日に銀メダルを獲得したチュニジアのグリビ選手に対し、ユニホームが反イスラム的だったとして国内のイスラム保守派が国籍☆(刈のメが緑の旧字体のツクリ)奪を主張している。AP通信が14日伝えた。  グリビ選手は女子選手に一般的なへそが見えるセパレートのユニホームで出場。チュニジア女性初の五輪メダリストとなったが、保守派はインターネットの交流サイトなどで「肌を露出しすぎだ」と非難した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)