ロンドン五輪男子マラソンに出場した守山市吉身の山本亮選手(28)=佐川急便=を応援しようと、十二日夜、市民ら百五十人が同市三宅町の市民ホールに集まり、スクリーンで観戦した。  市民らでつくる実行委員会が企画した。スクリーンに山本選手が登場するたびに、市民らは両手に持った青色のバルーンスティックをたたき、エールを送った。ほかの選手と競う場面では「頑張れ! 頑張れ! 山本!」と声を合わせた。  山本選手は40位でゴール。吉身小五年の山本拓君(11)は「メダルは取れなかったけど諦めずに走っている姿がかっこよかった。守山の自慢」と話した。 (猪飼なつみ) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)