鎌倉の夏の風物詩「ぼんぼり祭」が6日、鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮で始まった。  日が暮れると、火入れ。約400個のぼんぼりが境内を照らす。  1938年に鎌倉ペンクラブなどの協力で始まり、今年で74回目。鎌倉ゆかりの著名人らが書画を寄せている。  今年は開業した東京スカイツリーやロンドン五輪日本代表の似顔絵をあしらった作品もあった。  9日まで。ぼんぼりの点灯は日没から午後9時まで。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)