▽木崎良子の話 走り終わって達成感もあるが、悔しいという思いがゴールしてから生まれた。(アフリカ勢は)下りを使ってスピードギアを変えて、対応できなかった。この練習では甘かったと痛感した。経験を無駄にしないようにしたい。  ▽尾崎好美の話 途中までよかったが、脚が動かなくなった。アップダウンでじわじわダメージがきて、今までのマラソンで一番厳しいコースだと感じた。単純に力の差。自分のレベルを上げないと戦えない。  ▽重友梨佐の話 応援してくれる人たちがいたので諦めず最後まで走った。途中からは順位に関係なく、とにかくゴールするという気持ちだった。自分の力不足だったり、経験だったり、弱さが出た。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)