盛岡市中心部で1日から行われていた「盛岡さんさ踊り」は4日、最終日を迎え、太鼓大パレードでにぎやかなフィナーレを飾った。 太鼓大パレードは2007年、同時に2571人が和太鼓をたたき、和太鼓合同演奏のギネス記録に認定された。昨年、熊本県の団体に記録更新を許したが、ギネス級のにぎわいを再現しようと実行委が呼び掛け、約1200人が参加した。 4日間の来場者は122万人で過去最高だった昨年を14万人下回った。好天に恵まれたが、ロンドン五輪などが影響したと実行委はみている。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)