【ロンドン共同】ロンドンは4日、ロンドン五輪の25種目で金メダルが決まる「スーパーサタデー」を迎えた。今大会の運営で最大の課題とされた市内の混雑はピークになったが、地下鉄や鉄道はおおむね順調に運行。ただ市中心部は競技実施に伴う通行止めや道路規制で渋滞し、一部では車での通行に普段の3倍程度の時間がかかった。  この日は市東部の五輪公園だけで20万人以上の人出が見込まれ、市交通局は「観戦する人以外はこのエリアへの外出は極力控えてほしい」と繰り返し呼び掛けた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)