▽室伏広治の話 いい感じで投げられた。1投目で終わってもいいと思ったけど、2投目もサークルの感触を含めて投げてよかった。本数的には最小限。決勝も精いっぱい投げるだけ。  ▽岸本鷹幸の話 すごく情けないが、最後まで走りたい気持ちが強かった。けがしてから時間がたっていない。その中で全力を尽くしてくれたドクターらに感謝。これからも強くなる自信はある。  ▽中村明彦の話 こういう舞台で自分の力を出すのは非常に難しいことだと思った。みんな速いし、自分もよくなかった。またこの舞台に戻ってきて、しっかりと自分の力を発揮できる選手になりたい。  ▽舘野哲也の話 3着を狙ったが、惜しいところで駄目だった。五輪は他の大会と雰囲気がまったく違った。こういうところで走れることに幸せを感じた。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)