【ロンドン共同】五輪まで1日となった26日、ロンドン市内を巡っている聖火リレーもクライマックスに近づいた。晴天に恵まれたこの日は、荘厳なセントポール大聖堂や、欧州を結ぶ高速鉄道「ユーロスター」が発着するセントパンクラス駅など市中心部を走り、沿道の観光客などから大声援を浴びた。  英国各地と隣国アイルランドを巡った聖火は、五輪スタジアムで行われる27日夜(日本時間28日朝)の開会式で聖火台に点火され、約8千人の走者による70日間のリレーはフィナーレを迎える。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)