【ロンドン共同】2016年リオデジャネイロ五輪で実施されるゴルフをアピールするイベントが23日、ロンドン中心部のテムズ川で行われ、プロゴルファーのセルヒオ・ガルシア(スペイン)らが観光名所のタワーブリッジへ向けてボールを打ち、橋の上で見守ったギャラリーを沸かせた。  大手スポーツメーカーが企画したもので、テムズ川に浮かべた約100ヤード先のグリーンを狙った。ガルシアは「五輪に参加し、その歴史の一部になれるのは特別なことだ」と実施を歓迎した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)