【ロンドン共同】世界反ドーピング機関(WADA)のフェイ委員長は10日、開幕が迫ったロンドン五輪を前に「もしあなたがドーピング違反を犯して五輪に出場するつもりなら、棄権すべきだ。それが最もすっきりする」と選手に呼び掛ける異例の声明を発表した。  フェイ委員長は、同五輪では過去最多の6250検体が検査されることを挙げ「ドーピングが不正行為であることは単純明白だ。もしロンドンで違反を犯せば、仲間の選手だけでなく世界のファンをも欺くことになる」と警告。主催者は協力して努力しており「違反発覚を逃れる可能性はこれまでで最も小さい」と指摘した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)