ロンドン五輪の日本選手団にNTTドコモのスマートフォン(多機能携帯電話)が無償で提供されることになり、5日の監督会議の際に手渡された。日本オリンピック委員会(JOC)によると選手、コーチへの提供は初めて。過去の五輪ではJOCが携帯電話をレンタルし、監督やスタッフに配布していたという。  提供期間は15日から約1カ月間で、設定された上限額まで通話や通信料も無料になる。  端末にはファンからのメッセージを閲覧し、返事を書き込めるアプリ(応用ソフト)も入っている。同社は「現地での情報収集や連絡手段として活用いただきたい」としている。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)