【ロンドン共同】ロンドン五輪の大会組織委員会は18日、メーン会場となる五輪公園内にあり開閉会式と陸上競技を行う五輪スタジアムで、外周を覆う最後の飾り付け作業を先週開始したことを明らかにした。  飾り付けはスタジアムの上部から地面にかけて細い幕を張り、上部は白で下部は赤などの色が付いている。白い鉄骨が印象的なスタジアムを彩る手段と期待されたが、2010年に予算が削られた。その後、大会スポンサーの米化学大手ダウ・ケミカルの提供で設置が決まったが、1984年にインドで多数死者の有毒ガス流出事故を起こした企業を買収した同社に対し、反発が起きている。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)