ロンドン五輪の開会式が27日に迫る中、家電量販店やスポーツ店などが関連商戦の行方に気をもんでいる。円高を背景に観戦ツアーの売れ行きは順調ながら、テレビや録画機器は昨年の地上デジタル放送完全移行による特需の反動で動きが鈍い面も見られる。スポーツ店は関連グッズの販売が伸び悩んでいるといい、開幕後の代表選手の活躍による盛り上がりに期待をかけている。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)