今月27日に開幕するロンドン五輪で、日本代表選手団が着用するオフィシャルウエアを手掛ける岩手県奥州市のデサントアパレル水沢工場で12日、ウエアが報道陣に披露された。東日本大震災後初めての五輪に復興への願いも込め、被災県から選手たちの活躍を後押しする。 製造しているのは2種類のTシャツとハーフパンツ。白地のTシャツには縦に赤いラインが走り、日本の地形をイメージし、「立ち上がる日本」などを表現した。グリーン地のTシャツは信号機の色にちなみ「前に進む強い意志」を示すとともに地球をデザイン。震災後の世界中からの支援に感謝を込めた。 五輪選手団約500人とパラリンピック選手団約300人分を手掛ける。6月初旬から順次製造しており、作業は19日ごろまで続くという。レプリカも4000着作り、5月から販売している。 オフィシャルウエアは、選手村内や会場への移動などで選手らが着る。水沢工場の岩城均工場長は「一針一針に思いを込めた。それが選手に伝わり、頑張ってもらえればいい」と期待している。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)