27日の開幕を控えたロンドン五輪を食で盛り上げようと、石川県内の飲食店などが続 々と企画を打ち出している。世界のトップアスリートが集う五輪にちなんで各国料理が競 演するハンバーガーや、聖火をイメージしたスイーツなどで、4年に一度の祭典を舌でも 楽しむことができそうだ。  県内で3店舗を展開するハンバーガーチェーン「ハンバーガーのワンダフル」は五輪開 催中の27日~8月12日、県内人気店のシェフや能登野菜の生産者らが考案したハンバ ーガー7種類を販売する。  イタリア料理の「ボッテガ・ディ・タカマッツォ」(金沢市)や和食の「口福 よこ山 」(同)、フランス料理の「ロベール・デュマ」(同)、スペイン料理の「アロス」(同 )などが参加する予定で、各国料理の特色と県産食材を生かしたこだわりハンバーガーを 提供する。  運営するアイエムエムフードサービス(金沢市)の河村征治社長は「ロンドン五輪を盛 り上げるとともに、県内の優れたシェフと食材に光を当てる機会にしたい」と意気込む。  金沢市の金沢エクセルホテル東急は、英国の伝統的なデザート「トライフル」を8月3 1日まで販売する。スポンジケーキとフルーツを重ねたトライフルを聖火に見立てた器で 提供。担当者は「五輪にちなんだティータイムを楽しんでほしい」と話す。  金大生協は「ワールドグルメオリンピック」と題し、学内の食堂で各国の名物料理を販 売。県内の料理人らでつくるグループ「石川四季の会」は22日、「食のオリンピック」 と銘打って世界各国の料理に取り組み、創作を競うイベントを開催する。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)