多くの民間企業や官公庁で夏のボーナスが支給され、週末を迎えた7日、香川県内の量販店や商店街は大勢の買い物客でにぎわった。家電量販店では省エネ家電のほか、ロンドン五輪を前にテレビなどが人気。香川県高松市の新商業施設の丸亀町グリーンや中元商戦が本番を迎えた百貨店もごった返した。エコカー補助金を追い風に、自動車ディーラーには家族連れらが次々と訪れた。 7月から節電期間がスタートしたことで、家電量販店では夏物の省エネ商品が商戦を引っ張っている。ヤマダ電機テックランド高松春日本店(高松市春日町)では2万円以上の高級扇風機が好調。買い換えのために来店した香川高松市木太町の会社員吉田孝洋さん(39)は「価格も大事だが、より使いやすいものを購入したい」と熱心に品定めしていた。 ロンドン五輪の開幕を控え、テレビやブルーレイディスクレコーダーも注目商品。大型液晶テレビのコーナーは客足が急に伸びており、「家電エコポイント制度の終了で冷え込んだ需要が回復の兆しを見せている」とケーズデンキ高松本店(香川県高松市多肥上町)の担当者。 高松丸亀町商店街の丸亀町グリーンは、6月末に新たに四つのテナントがオープン。1階のファッションショップやアクセサリー店は女性客らであふれかえり、屋上テラスレストラン「ジャングルビアガーデン」も家族連れらで席が埋まった。 高松三越(香川県高松市内町)の中元ギフトセンターにも大勢の買い物客が詰め掛け、熱心に品定め。オリーブ牛や和三盆スイーツなど地元特産品の注文が相次いだ。 自動車ディーラーでは、エコカー補助金の補助額が増えた軽自動車が人気を集めており、買い換えを検討する家族連れらが商談する姿が目立った。 香川県高松市香西南町の香川ダイハツモータース高松香西店を訪れた同市内の女性パート店員(43)は「補助金がなくならないうちに買い換えるつもりだった。夫のボーナスが間に合ってほっとした」と話していた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)