静岡市清水区の夏の風物詩「第60回清水七夕まつり」が5日、同区の清水駅前銀座、清水銀座の両商店街で始まった。8日まで、市民が願いを込めた約110本の七夕飾りが街を彩る。 駅前銀座商店街のアーケードには地元商店や幼稚園児らが手作りした竹飾りが設置された。約1カ月後のロンドン五輪、清水区出身の漫画家さくらももこさんの作品「ちびまる子ちゃん」などをイメージした華やかな飾りが来場者の目を引いている。 来場者に短冊を書いてもらう特設の「七夕神社」も同商店街内に開所し、さっそく多くの市民でにぎわった。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)