近代五種は男子を行い、富井慎一は5552点で22位に終わった。スボボダ(チェコ)が5928点で初優勝し、3連覇を狙ったモイセエフ(ロシア)は7位だった。  富井はフェンシング(エペ)で11位につけ、続く水泳(200メートル自由形)で10位に浮上。だが、3種目目の馬術で12位に後退し、最後の複合(射撃とランニング)でも順位を落とした。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)