県は十三日、ロンドン五輪で活躍した県出身の三選手に知事表彰を贈ることを決めた。  女子レスリング55キロ級で三大会連続の金メダルに輝いた、吉田沙保里選手(津市出身)には、二度目となる「県民特別栄誉賞」を授与。銅メダルのバレーボール女子、山口舞選手(志摩市出身)には「県スポーツ栄誉大賞」、ベスト4に進出したサッカー男子の山口蛍選手(名張市出身)には「県スポーツ栄誉賞」を贈る。  吉田選手はアテネ大会後に「県民栄誉賞」を、北京大会後に「県民特別栄誉賞」を授与されている。  (渡辺泰之)