▽浜口京子の話 世界の72キロ級の壁を、まざまざと見せられたロンドン五輪だった。自分では勝てると思ったけど、全力は出し切った。自分と相談するが、まだまだレスリングシューズを脱ぎたくない。  ▽栄和人監督の話 正直、この五輪は難しいと思っていた。(吉田)沙保里もトンネルを抜けきらない感じだった。いろんな人に支えられた。まだ力を残している感じで、最後に爆発してくれた。(3連覇は)今でも信じられない。  ▽吉田沙保里の父・栄勝コーチの話 最高です。最初はどうしても硬くなっていた。決勝は最後の試合だと思って、悔いのないように思いっきりやれと言った。(3連覇は)ぴんとこない。五輪に勝つだけでもすごいのに。3連覇は本当にすごい。(共同)