ロンドン五輪のレスリング女子63キロ級に出場する伊調馨選手(長者中出、ALSOK)の応援団が7日、成田空港からロンドンに向けて出発した。メンバーは「必ず金メダルを取ってくれると信じている。精いっぱい応援してきます」と期待に胸を膨らませながら旅立った。 応援団は伊調選手の家族や友人、地元八戸市のレスリング関係者ら約20人。午前10時55分発のロンドン行きの便に乗るため、約2時間前に空港ロビーに集合し、搭乗手続きなどを行った。 メンバーは終始リラックスした様子で、母トシさん(63)は「数日前に(伊調選手と)電話で話したが、『試合が楽しみ。頑張る』と言っていた。必ず勝ってくれると信じている」と落ち着いた表情。 伊調選手が中学時代まで通った八戸クラブの澤内和興代表(65)も「平常心で今までやってきたことを出し切れば大丈夫。みんなで力いっぱい応援したい」と意気込んでいた。 順調に勝ち進めば、決勝は日本時間9日午前2時15分開始の予定。一行は12日に帰国する。(田中秀知)【写真説明】五輪会場での精いっぱいの応援を誓う応援団のメンバー=7日、成田空港※詳しくは本紙紙面をご覧ください。有料携帯サイトにも掲載しています。