ロンドン五輪でメダル獲得を目指すレスリング男子代表が21日、長野県の菅平高原で強化合宿を公開し、グレコローマンスタイル60キロ級の松本隆太郎(群馬ヤクルト販売)は「五輪まであとわずかだが、追い込んで勝てる確率を上げたい」と意気込みを語った。  松本とともに今月上旬にロシアで同国代表候補と練習したグレコ55キロ級の長谷川恒平(福一漁業)は「寝技の瞬発力としつこさを体験できて良かった」と手応えを口にした。フリースタイル勢は60キロ級の湯元健一(ALSOK)と55キロ級の進一(自衛隊)の双子がスパーリングをこなした。