開幕したロンドン五輪には埼玉県ゆかりの選手が次々と登場した。三度目の五輪となった重量挙げ女子48キロ級の三宅宏実選手(26)は銀メダルを獲得し、同じ階級に初出場した平成国際大二年の水落穂南選手(19)は六位入賞を果たした。競泳女子400メートル個人メドレーに出場した武南高校三年の大塚美優選手(18)は残念ながら予選敗退したが、決意を新たにしていた。