ロンドン五輪バレーボール女子で銅メダルを獲得した岡崎市在住の井上香織選手(29)=デンソー、兵庫県出身=が二十二日、市役所を訪れた。バレーボール女子は二十八年ぶりの銅メダル獲得で、来庁者や市職員ら二百人が温かく出迎えた。  拍手や歓声が響く中、井上選手が来庁。「メダルは皆さんのおかげです」と晴れやかに話した。柴田紘一市長が「市民にとって大きな喜び」とたたえ、賞状を手渡した。  夫の岡本哲義さん(43)と市内のスーパー銭湯のマッサージ室で出会い、四年前に結婚した。二度の肩の脱臼を乗り越えての五輪出場。心身ともに支えてもらったという岡本さんの存在を「心強かった」と明かした。  メダル獲得を決めた試合を岡崎で見守った岡本さんからは、試合直後に「おめでとう。お疲れさま」とねぎらいのメールがあったという。  今後は「少し気持ちと体を休めて、今度はチームの日本一という目標に向かって頑張る」と力を込めた。  (嶋村光希子)