【ロンドン共同】ロンドン五輪のビーチバレー男子で朝日健太郎選手と白鳥勝浩選手の組が出場した2日の1次リーグ最終戦が、席の不足を理由に一般客の入場を認められず、応援に訪れた日本人観客らが観戦できないトラブルがあった。  試合会場は市中心部のホースガーズパレードにあり、通常は約1万5千人収容のセンターコートを使用するが、試合数が多かったこの日は一部の試合を補助施設の第1コートで行った。  会場の運営責任者は、第1コートは歴史的な建物に囲まれていて観客席を120席しかつくれず、一般客が入る余地がないと説明した。ただ、実際には大半が空席だった。