バレーボール女子の1次リーグが始まり、1984年のロサンゼルス大会以来の五輪メダルを目指すA組の日本は初戦で世界ランキング16位のアルジェリアに3―0で完勝した。日本はエース木村(東レ)がコースを巧みに突いたスパイクで得点を重ねるなど活躍した。30日(日本時間31日)の第2戦ではイタリアと対戦する。  1次リーグは12チームをA、Bの2組に分けて6チームの総当たりで争い、各組上位4チームが準々決勝に進む。(共同)