ビーチバレーの国内ツアー第3戦、大阪オープン最終日は22日、大阪市靱テニスセンターで行われ、男子決勝でロンドン五輪代表の朝日健太郎(フォーバル、鎮西高出)白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)組が井上真弥、長谷川徳海組(ペボニア・ボタニカ)に2−1で競り勝ち、優勝した。朝日、白鳥組にとって今大会は五輪前、最後の公式戦だった。 女子決勝は浦田聖子(千の花)西堀健実(丸善食品工業)組が草野歩(フリー)尾崎睦(湘南ベルマーレ)組を2−0で下した。