ビーチバレーの国内ツアー第3戦、大阪オープン第3日は21日、大阪市靱テニスセンターで準決勝を行い、ロンドン五輪男子代表の朝日健太郎(フォーバル、鎮西高出)白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)組は西村晃一、ジョー・ヒルマン組(WINDS)を2−0で下し、決勝進出を決めた。 朝日、白鳥組にとって今大会は五輪前、最後の公式戦。22日の決勝では、井上真弥、長谷川徳海組(ペボニア・ボタニカ)と対戦する。