ビーチバレーのロンドン五輪男子代表決定戦は4日、川崎市の川崎マリエンビーチコートで行われ、36歳の朝日健太郎(フォーバル)と35歳の白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)のペアが2―0(21―12、21―18)で青木晋平、日高裕次郎組(フリー)に快勝し、9位になった北京五輪との2大会連続出場を決めた。  朝日、白鳥組は立ち上がりから主導権を握り、第1セットを奪った。第2セットに1―8と劣勢に立たされたが、朝日の強打や白鳥のフェイントなどで盛り返し、逆転した。  日本は6月に行われた国・地域対抗のアジア大陸カップに両組が出場し、五輪の1枠を獲得した。