【ローザンヌ(スイス)共同】国際バレーボール連盟(FIVB)は12日、ロンドン五輪のバレーボール女子1次リーグの組み合わせを発表し、日本は地元英国、イタリア、ロシア、ドミニカ共和国、アルジェリアとA組に入った。世界ランキング1位の米国、2位ブラジルに強敵の中国がB組に入ったため、比較的恵まれた組となった。  組み合わせはFIVBの世界ランキングにより決められた。  組み合わせは以下の通り。  ▽A組 英国、日本、イタリア、ロシア、ドミニカ共和国、アルジェリア  ▽B組 米国、ブラジル、中国、セルビア、トルコ、韓国