バレーボールのロンドン五輪世界最終予選兼アジア予選男子大会第6日は9日、東京体育館で行われ、日本はプエルトリコに3―1で逆転勝ちし、4勝2敗の勝ち点11で2大会連続の五輪出場に望みをつないだ。日本は10日の最終戦で、イランと対戦する。  セルビアがイランに快勝し、6連勝の18点で1位を決め、五輪出場権を獲得した。残り1枠の争いはオーストラリアが勝ち点12でリードし、11でイラン、日本、中国が並んだ。  日本は動きの悪かった第1セットを22―25で落としたが、その後は福沢(パナソニック)らの活躍と相手ミスにも助けられ、3セットを連取した。