バレーボールのロンドン五輪世界最終予選兼アジア予選女子大会最終日は27日、東京体育館で行われ、日本は4勝3敗の勝ち点12で4位となり、上位3チームを除くアジア最上位で3大会連続11度目の五輪出場を決めた。1位ロシア、2位韓国、3位セルビアも五輪に出場する。  日本はセルビアに2―3で逆転負けしたが、第3セットまで2―1とリードした時点で、五輪出場を争ったタイを上回ることが決まった。  ロシアは7戦全勝の勝ち点21、韓国は5勝2敗の同15、セルビアは5勝2敗で同14だった。