バレーボールのロンドン五輪世界最終予選兼アジア予選女子大会は19日、東京体育館で開幕し、2010年の世界選手権3位で3大会連続五輪出場を狙う日本は初戦でペルーを3―0で下し、勝ち点3を得た。  日本は江畑(日立)の活躍で第1セットを25―13で奪取。第2セット以降はサーブレシーブで粗さが目立ったが、要所で江畑らが決めて25―21、25―18で押し切った。  10年の世界選手権覇者ロシアはタイに、セルビアは台湾に、韓国はキューバにそれぞれストレート勝ちし、勝ち点3を獲得した。  日本は3位までに入るか、4位以下でもアジア最上位になれば五輪行きが決まる。