日本トライアスロン連合は27日、スペインのマドリードで開催された世界シリーズ第3戦、マドリード大会の男子で30歳の田山寛豪(NTT東日本・NTT西日本・流通経大職)が6位に入り、同連合のロンドン五輪選考基準(同シリーズ8位以内)を満たしたことから、五輪代表を決めたと発表した。  田山はアテネ、北京両五輪に続き3大会連続の出場。男子は既に細田雄一(グリーンタワー・フェリック・稲毛インター)が五輪代表に決まっている。(共同)