【ロンドン共同】ロンドン五輪の聖火リレーが23日、テニスの聖地として知られ、五輪会場にもなっているウィンブルドンのオールイングランド・クラブを訪れた。  8日に終了したウィンブルドン選手権で傷んだ芝は、修復作業が急ピッチで進められ、センターコートは鮮やかな緑を取り戻した。ことしの男子シングルスで準優勝した地元期待のアンディ・マリー(英国)が、高々とトーチを掲げた。  聖火はその後、女子シングルスでウィンブルドン選手権を5度制したビーナス・ウィリアムズ(米国)に引き継がれる豪華リレーとなった。