【ロンドン共同】体操男子個人総合で金メダルを獲得した内村航平らが8日、ロンドン市内のジャパンハウスで記者会見し、内村は団体総合が2位だったことで「次の目標が出てきた。この銀メダルが自分を突き動かす原動力になっている」と述べ、4年後のリオデジャネイロ五輪へ意欲を示した。  卓球女子団体で日本初となる銀メダルを手にした福原愛は「卓球を20年やってきて、皆さんがプレゼントしてくれたメダル。こつこつと頑張れば夢はかなう」と喜びをかみしめた。今したいことを聞かれた石川佳純は「ロンドンを観光したい。ビッグベンとかに行きたい」と話した。