卓球の女子団体決勝を行い、五輪卓球で男女を通じて初のメダルが確定していた福原愛、石川佳純、平野早矢香の日本は0―3で中国に敗れ、銀メダルだった。中国は2連覇。日本は第1試合のシングルスで福原が1―3でシングルス今大会金メダルの李暁霞に敗れ、第2試合は石川が0―3で世界ランキング1位の丁寧に、第3試合のダブルスは平野、石川組が郭躍、李暁霞組に1―3で負けた。  3位決定戦はシンガポールが3―0で韓国を下し銅メダルを獲得した。(共同)